"> ">

腰痛の事なら泉佐野市のかつもと鍼灸院へ/ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛・肩こり                             泉佐野市の腰痛、肩こりの治療なら泉佐野市のかつもと鍼灸院へ
泉佐野市のかつもと鍼灸院/腰痛・肩こり・ヘルニア


泉佐野市のかつもと鍼灸院/腰痛・肩こり・ヘルニア・坐骨神経痛腰痛で仕事が出来ない
坐骨神経痛の事なら泉佐野市のかつもと鍼灸院へ/ヘルニア・肩こり・腰痛日常生活に支障が出る
泉佐野市のかつもと鍼灸院でヘルニア治療/坐骨神経痛・肩こり・腰痛・ヘルニア重い荷物が持てない 

腰痛・肩こりなら泉佐野市のかつもと鍼灸院へ/ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛・肩こり肩こりで頭痛がする  
    泉佐野市の腰痛・肩こり・坐骨神経痛・ヘルニアなら泉佐野市のかつもと鍼灸院へ慢性的な肩こりで息がし辛い

腰痛・肩こりの事なら泉佐野市のかつもと鍼灸院へ/腰痛・肩こり・ヘルニア・坐骨神経痛


腰痛なら泉佐野市のかつもと鍼灸院へ/腰痛・肩こり・ヘルニア
腰痛、肩こりなら泉佐野市のかつもと鍼灸院へ/ヘルニア

豊富な腰痛、肩こり治療の経験

院長勝元宏亮は病院内での鍼灸経験や中国への研修、セミナー参加、鍼灸師への講師活動など経験があります。
鍼灸師に教える技術があり、技術には自信があります!

ご存知でしょうか?
鍼灸師の半分以上が鍼灸の経験が少ない(ほとんどない)事を
岸和田市の国際東洋医療学院を卒業後に
かつもと鍼灸院の勝元は一日50人来る病院で、修行経験があり

一ヶ月700人、一年で8000人以上
鍼灸治療をさせて頂きました。

鍼灸師でそのような経験をしている方はほとんどいないと思います。


病院の患者様も腰痛、肩こりの方が多く一日数十人経験をさせて頂きました。
通常鍼灸院では来られない重症の方の治療もさせて頂き
全員ではないですが、患者様に「よくなった」「ありがとう!」
と言っていただき笑顔を頂きました。

患者様の笑顔を作れる鍼灸師を目指しています!

かつもと鍼灸院の特徴


・泉佐野市にある腰痛、肩こりが得意な鍼灸院です。
現在では泉佐野市以外にも泉南市、貝塚市、岸和田市、熊取町、忠岡町、堺市、和歌山市、兵庫県から来院して頂いています。

腰痛、肩こりだけではなくコリから来る疾患(腰痛、ぎっくり腰、坐骨神経痛、不眠症、不妊症など)
が得意疾患になります。
最近では現職の鍼灸師の先生が来られています。
鍼灸のプロの鍼灸師の先生に来ていただける治療院になっています。

往診治療有
腰痛や膝が痛い患者様で、家から出れない方には往診治療もしています。

往診可能地域 泉佐野市泉南市貝塚市岸和田市熊取町忠岡町

豊富な知識
意外かもしれませんが鍼灸師の大半は資格を取るまでを資格の勉強をして、臨床的な勉強はほとんどしていません。
もちろん治療経験もほとんどないので、通信教育で空手を習っているだけの方が多いです。
つまりは頭の中では治療は出来ているけどいざ本番になると治療できない鍼灸師が多いです。
もちろん勉強している鍼灸師もいますが、少数派になります。

治療を受けるなら経験豊富な知識のある治療院をオススメします。

保険が使える!!

鍼灸院では珍しく健康保険が使えます。
簡単に使い方の説明を書いていますので、分からない方は一度ご相談ください。

保険治療を受けられる際には、医師の同意書又は、
診断書の提示が必要になります。

同意書の書類はかつもと鍼灸院で用意させていただきます。
同意書は医師、病院等で書いて頂く必要があります。
提携病院は泉佐野市熊取町貝塚市忠岡町にある病院が増えています!!


保険治療発行までの流れ

1.まず当院にご連絡ください。

2.同意書用紙を当院でお渡ししますので、かかりつけの医師、病院等で持参して頂き、必要事項を記入してもらってください。

3.同意書の記入が終わりましたら、保険証とご一緒に鍼灸師にお渡しください。

4.以上で保険で治療が受けられるようになります。

注意事項

1.同意書は、鍼灸院での配布になりますのでまずはご連絡ください。

2.かかりつけの医師がいない等、同意書がいただけない場合は、当院にご相談ください。
貝塚市、泉佐野市、熊取町、忠岡町など病院にご紹介します。

3.同じ病名で病院と鍼灸院、同時に治療は受けられません。

4.一度の同意で治療が受けられるのは3ヶ月間ですが、その後、3ヶ月毎に医師より同意の確認が得られれば、
継続して鍼灸治療を受けることができます。

5.後日、印鑑が必要になります。


杖がないと歩行が難しい、足腰が悪く歩きにくい、寝たきりの友人、家族がいる

何かしらお困りの事がありましたら泉佐野市のかつもと鍼灸院へご連絡ください!




どんな治療をするの?

基本的には腰痛、肩こりの治療であっても全身治療をします。
例えば腰痛がある方は姿勢が悪くなり他の部位にも影響が出てきます。
腰だけ治療をする事は腰の血流は良くなりますが、他の部位(肩、膝など)の血流が悪くなり、すぐに元に戻ります。
身体を根本から良くする為には全身治療は必須の治療法になります。

腰と言えば
泉佐野市の腰痛・肩こり・坐骨神経痛・ヘルニアなら泉佐野市のかつもと鍼灸院へ

このようにうつ伏せで治療してもらうのが想像できると思います。
もちろん腰痛の治療で腰の部分は重要ですが、当院では臀部(お尻)の部分にも治療をします。
人は二足歩行をする必要がありますので、臀部にコリが出来やすいです。
このコリが出来ると臀部から腰へ、腰から背骨へとコリの負担がかかります。

この状態が長く続くと
ヘルニアになったりします。

どうしてヘルニアになるのか?
と思われるかもしれませんが、背骨の周りの筋肉がコリ、背骨を圧迫していきます。
長い時間背骨が圧迫されると、逃げ道を探しに腰椎椎間板が突き出てくる事もあります。

現在医学的な治療法は絶対手術!
というわけではなく
保存療法も認められてきました。
昔は絶対に手術をする事が当たり前でしたが、現在では保存療法が主になりつつあります。
ヘルニアは背骨の中の液体が出ることもあり、出かたによっては、尿閉(おしっこが出ない)足のしびれ、腰痛など重度な時もあれば
足のしびれ腰痛でも軽度な時もあります。

生活に支障が出る場合は手術は必要ですが、我慢できる場合は保存療法の方が良いと思います。

ヘルニアの術後に数年して再発することは珍しい事ではありません。
それは背骨の両脇の筋肉のコリは手術では取れないからです。

かつもと鍼灸院ではヘルニア、腰痛の治療では、根本から治す為に臀部の治療をさせて頂いています。


肩こりの治療は?

肩こりの治療も腰痛の治療と同じく全身治療になりますが

特に肩こりの治療で気をつけなければならないのは、首の治療です。

首のコリは様々な病を作る元凶になりますが、肩こり、首こり、腰痛は一度も辛いと思った事はない!
と言われる方も気をつけなければならないのは、悪すぎて感じない
つまりは感覚が麻痺していることもあります。
本来は肩こり、首こり、腰痛など症状は身体のSOSサインであり、治療してくださいと身体が救難信号を出している状態です。
その救難信号を感覚が麻痺をして、気づかない状態になっています。
肩こりが知らないと言う方の肩を触るとカチコチに硬い方も多いです。
早めの治療をオススメします。


ワンポイントアドバイス
首の裏側の生え際辺りに赤くなっている方は脳卒中予備軍と言われています。
そのような症状が出ている方は、治療を求めている未病の状態です。

※未病とは?
病気にはなっていないが病気になる前の一つ前の段階

早期に治療をすると赤みが取れることが多いです。
この赤みも首こり、肩こりから来る事が多く早めの治療をオススメしています。

たかが肩こりされど肩こり

健康への近道は肩こりの治療と腰痛の施術です。


☆料金表☆


治療費4000円
初診料  1000円    




ヘルニアなら泉佐野市のかつもと鍼灸院へ/腰痛・肩こり



泉佐野市の腰痛なら泉佐野市のかつもと鍼灸院へ/腰痛・肩こり・ヘルニア・坐骨神経痛

泉佐野市のかつもと鍼灸院で腰痛・肩こり・坐骨神経痛・ヘルニアの治療

腰痛・肩こり・ヘルニア・坐骨神経痛なら泉佐野市のかつもと鍼灸院へ


泉佐野市の腰痛・肩こりならかつもと鍼灸院へ/腰痛・肩こり・坐骨神経痛・ヘルニア

腰痛なら泉佐野市のかつもと鍼灸院へ/ヘルニア・肩こり・坐骨神経痛


☆鍼灸師について☆


縁里庵かつもと鍼灸院院長の勝元宏亮が往診に伺います!

わたしの天職、訪問はり・きゅうに対する想い。

はじめまして
院長の勝元宏亮(かつもとひろあき)と申します。
1985年1月7日生まれ、21歳の時に鍼灸学校に入学しました。
三年後資格を取得し、1日50人鍼灸治療のみを受けに来る整形外科で修行し、2010年に訪問鍼灸院を開院しました。
2014年に泉佐野市中庄で鍼灸院を構えさせていただきました。

腰痛肩こりは現在病と言っても不思議ではない位お困りの方が増えて来ています。
原因としてはパソコン、スマートフォン、運動不足、ストレス、老化などがあると思います。

かつもと鍼灸院では腰痛症肩こりに対しての治療は独自の治療というわけではありません。
何故なのか?と思われるかもしれませんが
独自の治療は効果があるかもしれませんが、経験が少ない分危険かもしれません。

当院の治療は江戸時代から続く伝統的な手技を用いています。
もし効果がなく危険な手技であれば受け継がれる事なく自然消滅していくはずです。
平成にその手技が残っているのは、効果があり安全で日本人に合っている手技だからです。

江戸時代から続く伝統的な手技を一度ご体験ください。


腰痛治療実績ナンバー1 泉佐野市のかつもと鍼灸院/ヘルニア・肩こり・腰痛・坐骨神経痛

泉佐野市のかつもと鍼灸院で肩こり・腰痛・ヘルニア・坐骨神経痛の治療で健康に
泉南市在住 Nさん 86歳
某市民病院で腰の手術をしなければ治らないと言われ手術が
嫌で退院、鍼灸治療数回で小走りで走れるように回復しました。

肩こり・腰痛・ヘルニア・坐骨神経痛なら泉佐野市のかつもと鍼灸院へご相談下さい
岸和田市在住 Hさん 63歳
リウマチで膝を手術し、手術後膝が曲がらずまっすぐ足を伸ばせないと依頼を受けました。
三ヶ月かかりましたが足を伸ばせるようになりました。今はバスで東京まで旅行出来るまでに回復しました。


腰痛の事なら泉佐野市のかつもと鍼灸院へご相談下さい/肩こり・腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア
熊取町在住 Sさん 60歳
痛みで歩けず鍼灸治療を毎日でも受けさせてくれという患者様
当院の鍼灸治療では毎日の治療は必要なく保険なら週1〜2回で十分だと説明
半年の治療で痛みもなくなり京都まで旅行に行けるまで回復しました。


・坐骨神経痛の患者様

泉佐野市在住 Oさん 71歳
坐骨神経痛で左下肢にしびれがあり、親指が特にしびれている
裸足で床に立っても足裏の感覚がない
鍼灸治療を続けていると、治療後足裏の感覚が戻り、しびれが軽くなってきていると変わって来ました。
自営業で仕事をしていますが、治療前は長時間働く事が出来ず、夫婦仲も悪くなってきていましたが
治療を続けていると仕事を出来る時間が増え、夫婦仲も良くなりました。

・腰痛、肩こりの患者様
京都市在住 Aさん 46歳
車から降りると腰が曲がりまっすぐに出来ず、肩こりがひどく右腕がしびれている状態
腰の治療と肩こりの治療をしました。
治療後腰痛はかなり改善しましたが、腕のしびれは残っているとの事でした。
首の骨の筋肉を緩める鍼をすると時間が経つにつれしびれが改善されたとの事です。
翌朝身体が軽くなったといってくれました。




腰痛・ヘルニア・坐骨神経痛の腰の疾患なら泉佐野市のかつもと鍼灸院へ 肩こり・腰痛・ヘルニア・坐骨神経痛の事なら泉佐野市のかつもと鍼灸院へ

真心を込めて鍼療中です♪


泉佐野市の鍼灸院なら泉佐野市のかつもと鍼灸院へ/ヘルニア・坐骨神経痛・肩こり・腰痛

ピカソも認めた!?腰痛には鍼灸治療!?

ピカソと言えば知らない方はいらっしゃらないと思います。
スペインが生んだ天才画家ピカソも、持病の坐骨神経痛をフランスの鍼治療で治していたそうです。
以来、鍼の愛好家になり、晩年まで絵を描き続けたそうです。
画家を続けていられたのは、鍼灸のおかげかもしれません!!

絵師は座る時間が長いので腰痛持ちの方が多いのかもしれませんね。
『腰痛には鍼灸』
これは昔も今も変わっていなかったのでしょう。
腰痛は大きくわけて筋肉の硬さ(コリ)と内臓痛から起こります。
筋肉のコリからくる腰痛なら鍼灸が効果的です。
よく急になったと言われますが長年の蓄積により腰痛は発症します。
このコリを取らないと腰痛は良くなりません
腰痛の起こりにくい身体作りの為には定期的に
鍼灸治療を受けていただくことをオススメします。


鍼灸はクセになるから…とおっしゃるかもしれませんが、

鍼灸はクセにしないといけません。
車も定期的に検診をします。
人間も定期的に検診しなければいけません。

健康な人も月に一度
何かしらお身体が気になる方は週に一度鍼灸の定期検診を受けられた方が良いです。

ピカソも認めた鍼灸治療を鍼灸専門のかつもと鍼灸院で体験して頂きたいです。





肩こりなら泉佐野市のかつもと鍼灸院へ/腰痛・ヘルニア

訪問マッサージ、鍼灸治療なら縁里庵かつもと鍼灸院へ
〒598-0001 大阪府泉佐野市上瓦屋906-1
電話:080-6152-3881
mail:katsumoto.201004@gmail.com


肩こり・腰痛・ヘルニア・坐骨神経痛なら泉佐野市のかつもと鍼灸院へ

泉佐野市かつもと鍼灸院へ健康作りをしませんか/腰痛・肩こり・ヘルニア・坐骨神経痛

縁里庵かつもと鍼灸院
〒598-0001 大阪府泉佐野市上瓦屋906-1
080-6152−3881
勝元宏亮




かつもと鍼灸院について