坐骨神経痛と鍼灸

肩こり、腰痛、膝痛

この三つに悩まれている方は多いと思います。
どれも鍼灸が得意とする疾患なのをご存知でしたでしょうか。

今回は腰痛(坐骨神経痛)のお話しです。
 
坐骨神経痛は臀部から足先まで、痛みや痺れを起こす疾患ですが、片側になることがおおいです。(両側になる場合もあります。)
この病は鍼灸治療が良く効きます^^

臀部の深くにコリが出来てそのコリを和らげてあげると坐骨神経痛が緩和されます。
マッサージでは臀部の脂肪が邪魔をして、なかなかコリに当たらず効果的な治療とはいえません。

鍼灸治療は効果をすぐ体感出来る治療法で、当院では治療後すぐに身体の違いを確認していただいています^^

なにかしらお身体に不安な点がありましたら一度かつもと鍼灸院までご相談ください。

 
かつもと鍼灸院 ホームページ
施術方法当院のご案内よくあるご質問
お問い合わせはこちらへかつもと鍼灸院ブログ
●治療時間:月~土9:00~12:00(予約優先)
月火木金13:00~15:00(予約のみ)
月火金15:00~19:00(予約優先)
●治療院住所:大阪府泉佐野市中庄1759-2
●連絡先:080-6152-3881
●鍼灸師:勝元宏亮

 

未分類

中国買い出しの旅③

中国と言えばどのような国を想像されますか?
怖い国?日本人が襲われる?不衛生?

一番最後以外はそうでもないです^^

日本が衛生的過ぎるので他国に行くと不衛生になるかもしれませんが…

北京に限って言えばかなり都会になってきています。

とはいえ全てではなく一つ道を外れると田舎な風景も残っています。

今日は中国鍼灸の豆知識を書きたいと思います。

日本の鍼灸はどこでも受けれて、気軽に誰でも体験は出来ますが、中国は病院内でしかほとんど受けれません。
それは鍼灸治療を出来る方は、医師であり医師しか治療が出来ないからなのです。

日本の鍼灸師が中国で鍼灸をする者と名乗るとドクター??と言われます^^;

鍼灸を受けるには病院内で指名し医師により値段が変わります。
ですので安易に一般の方は鍼灸を受けれません。

しかし昔から名医(名鍼灸師)は高齢で亡くなり最近は中国鍼灸の質が下がり始めているそうです。

病院も欧米化が進み西洋薬が多くなり、鍼灸の評価が変わり始めています。
この辺りは日本と変わりませんね^^;

実際鍼灸が盛んな国は、ヨーロッパであり、日本中国は残念ながら衰退しているのが現実だと思います。

日本は鍼灸師が鍼灸を信じない方が多いので、鍼灸が効果がない!!とおっしゃられる方にはそのような治療院に当たっているのかもしれません。

鍼灸院を選ぶのは慎重に!!と言っても分からないと思います。
一度受けられて体感として分かるなら良いと思います^^

物凄く脱線しましたが、続きはまた書かせて頂きます。

photo4photo5photo10photo7photo1

 
かつもと鍼灸院 ホームページ
施術方法当院のご案内よくあるご質問
お問い合わせはこちらへかつもと鍼灸院ブログ
●治療時間:月~土9:00~12:00(予約優先)
月火木金13:00~15:00(予約のみ)
月火金15:00~19:00(予約優先)
●治療院住所:大阪府泉佐野市中庄1759-2
●連絡先:080-6152-3881
●鍼灸師:勝元宏亮

 

未分類