台風の備え あると便利な物~経験談~

いつもとは雰囲気を変え

災害が起こった時にあったら便利な物を書かせて頂きます^^

9月4日西日本に台風が上陸し、泉州地区のかなりの世帯が停電や被害にありました。

私の自宅も停電しすぐに復旧するだろ

と思っていましたが数時間経っても停電は復旧せず

7月に起こった地震の時に非常道具を取り出しました。

我が家は断水はなかったですが

台風前にはお風呂に水を溜めておいたほうが良いですね。
トイレが流されません。
最近のマンションは電気式のポンプで水を流すみたいで、停電すると水が流れません。
オール電化は当然IHもお風呂も入れません。

私の家はガスが通っており
コンロは使えましたがお風呂は電気を介してガスに繋がっていたので、お風呂は水風呂でした。

停電して便利だったのはスマホです。
情報やライトも使えました。

が充電がなくなると使えなくなるので、

・モバイルバッテリー

これがあったのである程度気にせず使う事が出来ました。
最低一家に一台、余裕があれば1人一台あれば精神的には楽になります。

停電するとテレビが見れなくなるので、情報が入ってきません。
そのためラジオ(手回し式)があると便利かもしれませんが

私は持っていなく(テレビも今回の台風のことはあまり放送していなかったみたいですが)

フェイスブックやツイッターなどで情報を調べていました。

フェイスブックは私が管理しているグループメンバーが現在6800人ほどいます。
そこで各市町村の被害状況やスーパーの営業状況、ブルーシートの販売先や配布先、尾崎駅が炎上しているなど情報を仕入れました。

通常一日30件ほどの投稿が200件に増え
反応が一日7500反応ありました。

テレビやラジオより情報が詳しく載っているグループですね。
(泉州の同じようなグループの管理人が私のグループの方が情報が多いため情報仕入れに来ていました)

私のグループのおかげで銭湯の情報を仕入れ温かいお風呂にはいってきました^^

そして被災した時に大切なのは

・水(夏場は500mlが良い)
・お茶(上と同じ)
・カセットコンロ
・携帯用トイレ
・非常食
・ライト(壁にかけれるか頭につけるタイプ)
・モバイルバッテリー
・お風呂に水を入れておく

どこでも書いているかもしれませんが
これは最低限あったほうが良いと感じました。

なんとかなるよ

ではなく

なんとかする

気持ちも大切だと思いました。

停電の地域も一週間以上続いている所もあります。
モバイルバッテリーも一週間ほどは持つ
位容量の多いものを持っているほうが精神的にも安心です。

食料は2~3日我慢すれば物資は入ってきました。

コンビニなども数日間は閉まっている所も多く
入ってきてもパンやおにぎりなどは売り切れが多く
ラーメンなどは販売されていました。
ラーメンも水でも作れますが、やはり温かいほうが美味しいです。

私は水風呂に入り温かいラーメンを食べた時にほっとしました^^;

どんなに非常道具はそろえても『万全』はないでしょうが

ないよりあった方が良いと思います。

今回の台風で、自分の家に電気が復旧したら他人を助けよう

と動いた人が多く

感動しました。

助け合いって大切ですね^^

必要な道具
参考になりましたら幸いです。

カウンター