パートナー契約!?

最近フェイスブックで知り合った中国人の人がいます。

腹灸の記事を書いた時に色々な鍼灸師に話していました。

数日後フェイスブックでこんな記事がありますよ!!

と鍼灸師数人からご連絡を頂き見てみると
腹の灸の使い方を書いている先生がいらっしゃいました。

正確には先生ではなく中国鍼灸道具の卸の方でしたが^^;

コメントを記入し
友達申請が来ました。

その後違う記事(眼灸)でコメントを書いたらメッセージを頂きました。

まだ欲しがる私がいますーー;

眼灸好きですか?
嫌いなら施術に使いません^^
とは書きませんでしたが

相手さんはクルミ灸を使われているそうです。
私が初めて出会ったのは10年以上前の中国研修でした。
その時はメガネ型のクルミ灸でしたが
衝撃を受けました^^
人見知りな私も200人近くいる所で体験しましたが緊張で汗が出ました・・・笑

こんなんありますか?

何故か眼灸勝負になりました。

同じような種類は持っている!!
とやり返す私

この写真が私のお気に入り
4週類の眼灸と耳灸が入っているYNSA人形です^^;

さらに追い討ちをかけます

これでどうだ!
と最後の眼灸を出すと

『感心します』
と中国のバイヤーさんに敗北宣言をさせました^^

といっても何もないのですが・・・

かつもと鍼灸院の眼灸を送り
『目灸(眼灸)のプロ』

と呼ばれました・・・笑

でもさすが中国人
商売が上手です。

ちなみに販売して欲しいと言われるのは鍼灸師から言われる事が多いです。

商売に繫げるところが私に足りない部分なのかもしれません
さすが中国人(笑)

そしてマーケティングです。
眼灸は日本で売っていますか?

昔は売っていましたが今はもう販売していません(メーカーは)

メーカーの眼灸(製造中止)を紹介し

先ほどあげた愛眼灸を購入したのは日本のメーカーか?
と質問がありました。

最近買った中国の眼灸は通販なので(北京では見つからなかった)
違うと応えると

『かっこいい』

????

何が?
と思いました

すると

鍼灸バザールで撮られた私の写真を送ってきました^^;

カッコいいのか?
と疑問には思いましたが・・・

そのあと商売につなげるのがさすがです。

中国に行く時にトランクケースを二つ持って行きますが
一ケース分はこの棒灸になります。

重たいしかさばるし
大変ですが使うので購入しています。

すると

最後はさすが商売上手です。
仕事にもって行きます。

会社は大きいから安心してね
と言われます。
中国の商品は当たり外れが多くあり
とりあえず買ってみて
試してみないと日本では使えません。

送料負担で
サンプルもあるので、その資料を送ってもらいました。

そしてパートナーにならないか?

今購入している通販を止めて私とパートナー契約をしないか?と言われました。

これは色々と考えないといけないので、とりあえず詳しい内容を聞いてみようと先日聞いてみました。

その内容はまた後日書かせてもらいます^^

長々とありがとうございます♪

カウンター