鍼灸業界の闇

鍼灸師は常識がない

と言われています。
この業界に入って特にそう感じます。

食べていけなくても自分のやりたい手技をやれればいい
腕さえあれば患者は沢山くる

と仰る方がいますが
食べていくにはそれなりの経営力も必要です。
鍼灸師は経営力のみある方か技術のみで経営力がない方が多いです。
とはいえ技術がある鍼灸師が増えて欲しいですが^^;

先日ある学校関係者とお話を聞かせていただきましたが、鍼灸のある手技を効果があるが手間がかかるからしたくない人が多いとおっしゃってました。

正直このような方がいるから鍼灸業界の地位が上がらないと思いました。

飲食店で手間がかかる料理はめんどくさいから作らない

そんなお店に行きたいでしょうか?

鍼灸師はプロであり、患者様を治す為に鍼灸治療をしています。
もちろんその手技が必要不必要はあるでしょうが、必要ならば使わなければならない例え手間がかかったとしても

鍼灸業界の地位を上げたいと仰ってましたがご自身の考え方を変えなければ不可能だと思います。

そもそも取材申し込みをして、遅刻してくる時点で社会常識がありません。
学校関係者がその程度の人であれば学生もその程度になります。

学校の教員のレベルアップが鍼灸業界のレベルアップになると感じました。
残念です。

かつもと鍼灸院 ホームページ
施術方法当院のご案内よくあるご質問
お問い合わせはこちらへかつもと鍼灸院ブログ
●治療時間:月~土9:00~12:00(予約優先)
月火木金13:00~15:00(予約のみ)
月火金15:00~19:00(予約優先)
●治療院住所:大阪府泉佐野市中庄1759-2
●連絡先:080-6152-3881
●鍼灸師:勝元宏亮

 

2014年7月26日 鍼灸業界の闇 はコメントを受け付けていません。 未分類

カウンター